DKAN オープンデータ公開支援ソリューションとは?

 

DKANは、エンタープライズ向けCMSのDrupalをベースに作られたデータポータルサイトです。

CKANというデータポータルが存在しますが、CKANはCMSとして作られていないため、
コンテンツや機能を追加する際に技術的に難しい点が多く、
デザインさえも柔軟に変えることがでませんでした。そこで登場したのがDKANです。

DKANを使えば、運用する側の負担を少なくしながら、利用者が利用しやすい形でデータを提供することができます。

DKANを活用し、コンサルティングから開発・データ活用までを一貫して支援する。
それが DKAN オープンデータ公開支援ソリューションです。

 

DKANの特徴

私たちは、DKANの特徴を活かしたソリューションをご提案いたします。

柔軟な権限設定

ユーザーの権限を自由に設定
データの公開範囲も自由自在

豊富なデータプレビュー機能

csv, excel, pdf, shape, kmlなど
多くの形式のデータをプレビュー

多彩なAPI出力

CKAN互換のAPI、DKAN独自のAPI、
RDF出力など多彩なデータ出力

機能やコンテンツの追加が簡単

CMSであるDrupalの強みを活用
2万以上の機能拡張モジュールが存在

サイト内のデータもまとめて検索

コンテンツだけではなく
登録したファイルの内容も検索

デザインが自由自在

サイト全体をお客様の
ご要望に応じて自由にデザイン

京都市におけるDKAN導入事例のご紹介

政令指定都市として初のDKAN導入

2016年11月30日に京都市の運用する「京都市オープンデータポータルサイト」が公開されました。日本初の政令指定都市へのDKAN導入事例となります。京都市の各部署の保有する、さまざまなデータを再利用しやすい形式で公開しています。

公開されているオープンデータはスマートフォンアプリの開発や、大学における研究活動も利用されるなど幅広い分野での利活用が始まっています。

京都市オープンデータポータルサイト

CSVやPDFデータなどのファイル内検索に対応

一般的なデータポータルサイトの検索では、データセットやデータリソースのタイトル、タグなどでの検索のみ行うことができますが、「KYOTO OPEN DATA」では、全文検索に対応しています。全文検索の機能により、指定したキーワードで、データポータルサイトに登録されているCSVデータの内容やPDFファイルの内容まで検索して表示することができます。

この機能により、自治体特有の語句により検索で該当しないというケースを少なくすることができ、一般の方へ検索しやすい環境を提供することができます。

京都市オープンデータポータルサイト

表、グラフ、地図、など各種形式でのプレビュー機能

市民の方々がデータを閲覧しやすいよう、ダウンロードせずにデータをサイト上で閲覧することができるプレビュー機能を充実させています。一般的なデータポータルサイトでは、CSVのプレビューが主になりますが、「KYOTO OPEN DATA」では、以下のデータ形式のプレビューに対応しています。

  • 表形式のプレビュー(csv、excel)
  • 地図形式のプレビュー(緯度経度情報を含むcsv、kml、shp)
  • グラフ形式のプレビュー(横・縦軸となるデータを含むcsv)
  • 画像のプレビュー(jpg、jpeg、gif、png)
  • ドキュメントのプレビュー(pdf)
  • HTMLのプレビュー(html)・JSONのプレビュー(json)
京都市オープンデータポータルサイト

データの一括登録機能で公開の手間を削減

一般の方へ分かりやすい表現を心がけただけではなく、職員の方々にも登録しやすくなるように、データ登録を簡易化するツールも構築しました。データセットやデータリソースに関する情報をまとめたCSVをシステムで読み込むことで、一括で登録する機能を開発しました。

これは、初期登録時など大量のデータを登録する際に有用なツールとなります。また、CSVのデータを登録する際に即座にプレビューする機能も付加することで、作業者は登録するデータに文字化けや不備がないかを確認しながら、登録を行うことができます。登録しやすい環境を作り出すことで、オープンデータの充実を図ることができます。

京都市オープンデータポータルサイト

語彙変換機能とAPI提供機能

「KYOTO OPEN DATA」に登録したCSVデータについては、DKANの仕組みを活用することでCSVデータの内容をXML・JSON・JSONP形式のAPIで取得することが可能となります。APIとは、アプリケーション・プログラミング・インターフェースの略で、プログラムの機能や管理するデータなどを、外部の他のプログラムから呼び出して利用するための手順やデータ形式を定めたもので、APIを活用することでオープンデータの二次利用促進に繋がります。

「KYOTO OPEN DATA」は、APIでデータを公開する際に、CSVデータのヘッダ項目を経済産業省が策定している共通語彙基盤(英語)に変換して公開する機能を持ち、APIでのアクセスにおいてもプロパティの共通化を目指しました。

京都市オープンデータポータルサイト

日本初「自動で5つ星のオープンデータポータルサイトを構築する仕組み」を実装

オープンデータの品質は5段階評価されています。5つ星はLOD(Linked Open Data)という仕様です。「KYOTO OPEN DATA」では日本で初めて「自動で5つ星のオープンデータポータルサイトを構築する仕組み」を提供しました。これにより、従来はかなりの労力を要した、利用しやすい形式(LOD形式)によるデータ公開を自動的に行うことを可能にしました。

詳しくはこちらをご覧ください

京都市オープンデータポータルサイト

事例紹介

京都市

京都市の運用するオープンデータポータルサイト。
日本発の政令指定都市におけるDKANの導入事例です。強力なデータプレビュー機能を実装した高機能サイトです。

名古屋大学大学院工学研究科 河口研究室

名古屋大学の点群データを集めたデータポータルサイトです。特殊な機器を使い、空間を点として観測した貴重なデータが公開されています。

一般社団法人 社会基盤情報流通推進協議会

地域課題を解決するためのアイデアやアプリのコンテスト、アーバンデータチャレンジのデータポータルサイトです。全国の自治体から集められた、地域課題解決のためのデータが掲載されています。

CODE for IKOMA(奈良県生駒市)

ITで地域課題解決を行うローカルコミュニティ、CODE for IKOMAのデータポータルサイトです。csvデータをAPI化することで、ハッカソンなどでの利用を促進しています。

アメリカ保健福祉省

アメリカ保健福祉省のデータポータルサイト。ベータ版での試行期間を経て、正式公開されました。健康に関する情報がたくさん詰まったサイトで、開発者にも易しいサイトになっています。

イタリア政府

イタリアらしいデザインに仕上がったデータポータルサイトです。トップ画面にどのカテゴリのデータが多いかがひと目でわかるように、ビジュアライズされています。

アメリカ オクラホマ州

チャート形式・地図形式でビジュアライズ可能なデータをまとめたページを用意するなど、利用者への見せ方へも配慮が見られます。様々なビジュアライズができるのはDKANの強みです。

DKAN・CKAN比較表

技術項目 DKAN
ソリューション
CKAN
ユーザーの権限情報を自由に追加  
メタデータ項目の新規登録・追加・編集・削除
データセットの公開期間設定
リソースの多彩なプレビュー
リソースを共通語彙基盤に基づく語彙に自動変換
共通語彙基盤の語彙の変更時にリソースを一括更新
大量データの一括登録・編集・削除に対応
1つのリソースを複数のデータセットに紐づけることができる
編集者による掲載申請と、管理者による承認
管理者による掲載申請の一括承認
データリソースファイルのファイル内検索
英語メニュー対応
ダウンロード数・利用者数などの統計情報
機能拡張性(ECなどの他機能)
トップページなどのデザインを自由に変更
レスポンシブ・デザイン
CKAN API互換
RDFファイルをSPARQLエンドポイントから提供
上記の機能が入ったサイトを1つのサイトで管理・運用

お問い合わせ

 

まずはお気軽にお問い合わせください。
お電話でのご相談も受け付けております!

 

050-3754-7111

ANNAI株式会社 DKAN担当まで

Contact

 

会社概要

DKAN オープンデータ公開支援ソリューションは、ANNAI株式会社が提供しています。

  • ANNAI 株式会社
  • 〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134番地
    (財)京都高度技術研究所ーASTEMビル 8F <京都リサーチパーク内>
  • Tel: 050-3754-7111
  • Email: support@annai.co.jp
  • Web: annai.co.jp